子犬の甘噛みをやめさせる方法-どこか色っぽい「あまがみ」という言葉-

甘噛み 犬 犬と暮らしてわかったこと




それは、はたから見れば微笑ましい光景に映るのかもしれません。
子犬の甘噛み。

だけど実際は指が痛いし、なにより、よだれがべっとりついて気持ちのいいものではありません。
かといって「コラッ」と叱りつけるのもちょっとかわいそう。
だってまだ子犬なんだもの。
子犬の成長にとって甘噛みは欠かせない行動だとも聞きます。

今回はそんな悩みを抱えた飼い主さんに、うちの子に行った方法についてご紹介します。

甘噛みとは

子犬が人や物に対して力の加減をして噛む行為。
生後1歳未満の子犬にみられる。

子犬が甘噛みをする理由

遊びたいから

これが一番の理由でしょう。
子犬は噛んじゃいけないと知りませんし。
人間だけでなく子犬同士でもじゃれて甘噛みしあってますね。
まあ、楽しいんでしょう。
興奮して周りが見えず、ってこともあります。

飼い主の気を引くため

気持ちがわからないわけではありません。
相手をしてほしいのかな。
でも噛まれるのは迷惑です。

歯がかゆいから

歯が生え変わる時期はむずがゆいので大目に見てほしい。
これは仕方がないですね。
だけど噛むのはダメなんです。

愛情表現

ただ甘えたくて、なめるように噛む。
これは受け止めたいです。

その他

ストレスや単なる好奇心によることもあります。

甘噛み 犬

甘噛みをやめさせる方法(正論)

本来、犬は噛むことが大好きで、また犬にとって必要な行為でもあります。
何でもかんでも叱りつけていたら、子犬は欲求不満になり大きなストレスを抱えることになるでしょう。
子犬と飼い主の関係に亀裂が生じるかもしれません。
噛んで良いものと悪いもの、その区別をしっかりと教える必要があるのです。

「痛いからやめて」と分からせる

「ダメ」「痛い」と厳しく注意して、噛むことはいけないことだと伝える。
うーん、伝わらないから困ってるんですけどね。
辛抱強く繰り返しましょう。

甘噛みしたら遊ばないと学習させる

これはどうでしょう?
要はちゃんとしつけろってことですよね。
それができれば苦労しません。
でも頑張ってやるしかないのです。

無視する

上の項と関連しますが、遊びの最中でも甘噛みしたらすぐに立ち上がって子犬の前から姿を消す、とか。
私にはできません。
いろいろと無理でした。

おもちゃを与える

人の手の代わりにおもちゃを与えましょう。
でも、おもちゃより飼い主の手のほうがもっといいのよね。
そうでしょ?

嫌いな匂いや味をつける

甘噛みとはちょっと違いますが、柱や家具を噛む場合は犬の嫌いな匂いや味をつけておくと効果的です。
今は噛み癖防止のスプレーも販売されています。

わが家の甘噛み対策

うちの子は次の方法で甘噛みをやめさせることができました。
具体的な流れはこんな感じです。

犬が甘噛みしてきます。

普通は手を引っ込めますよね。
痛いし汚れるし。
だけどここはあえて逆に、手を犬の口の中に突っ込みます(無言で)。

どうなりますか?
そうです。
犬は「オエッ」となります。
口から手が離れます。

また甘噛みしてきます。

手を口に突っ込みます。

「オエッ」となります。
口が離れます。

以下ループ。

ループ

うちの子はこれで甘噛みがおさまりました。
一言でいえば嫌がらせなんですけどね。

他の犬にも効果があるのか、それはわかりません。
この方法が良いのかどうかもわかりません。
賛否の判断はそれぞれにお任せします。
ただ、ダメもとで試してみる価値はあると思うのです。

※ 注意
ホントに吐くほどやり過ぎないこと。
犬にとって楽しい扱いではないので、その後のフォローは十分に行うこと。

おわりに

子犬にだって甘噛みする理由があります。
では大人になったら自然になくなるのでしょうか?
答えはノーです。
放っておいたら直りません。

甘噛みをやめさせられず、いずれ本気噛みになってしまうと、犬はもちろん飼い主も面倒に巻き込まれる可能性が生じます。

家具をボロボロにするのも困りものですが、
人を噛んで大怪我させてしまったら取り返しがつきません。

子犬だから、可愛いから、ちょっとぐらいなら。
そんな理由で甘やかしていてはいけないのです。

噛み癖のある「危険な犬」を生み出さないためにも、子犬のうちにしっかりとしつけるべきでしょう。