フィラリアって何? -犬の天敵-

草むら 犬と暮らしてわかったこと




毎年暖かくなると、うちの子にフィラリアの予防薬を飲ませ始めます。
フィラリアは犬の天敵。

亡くなった犬の心臓を調べたらフィラリアがびっしり詰まっていた、とか。
不気味ですね。
グロいですね。
犬はさぞ苦しかったことでしょう。

愛犬がそんな目に遭わないよう、飼い主はしっかりと予防する必要があります。

犬フィラリア症とは

フィラリアは寄生虫の一種で、細長い糸状の形をしています。
大きいものは長さが30cmにもなります。

蚊を介して犬の心臓に寄生し様々な障害を引き起こします。

症状

・呼吸が苦しそう
・咳をする
・食欲がない
・腹水がたまる
・血尿が出る

そして最悪、死に至ります。

犬フィラリア症の治療は手術を含め大きな危険が伴うため、事前の予防がとても重要です。

犬フィラリア症の対策

蚊に刺されないこと、これに尽きます。
しかしそれは無理なので、蚊のシーズン中は予防薬を飲ませる必要があります。

フィラリアの幼虫を持った蚊に刺された犬はフィラリアに感染します。
犬の血管内でフィラリアの幼虫は成長しやがて心臓に寄生します。
そのため、心臓に寄生する前にお薬でフィラリアを駆除するのです。

飲み薬

一般的な蚊の発生期間は4月から11月。
フィラリアの幼虫が心臓に達するまでには時間がかかるため、ひと月遅れの5月から12月まで、毎月一回お薬を飲ませます。(地域によって期間は異なります)

形は錠剤、顆粒、チュアブル(おやつタイプ)の3種類があり、うちの子はチュアブルを与えています。
味がおいしいのか、月一で特別感があるのか、とにかくとても喜んで食べます。

注射

飲み薬の他には注射があります。
注射は一回打つと1年間有効です。
犬によっては強い副作用が出ることも。

獣医

 

獣医さんに相談

飲み薬や注射の他にも滴下剤というのがあるみたいです。
何がどういいかは獣医さんに相談してください。

いずれにせよ、フィラリアの予防薬はどれも獣医師の指示で処方されます。
ペットショップでは販売されていませんし、ネット通販は怪しいので利用しないほうが無難です。

また、予防薬の前にはフィラリアにかかっていないかの検査(血液検査)が必要です。
これは血液中に多くの幼虫がいた場合、むやみに予防薬を与えるとショック症状などを起こす可能性があり大変危険だからです。

料金

犬の体重によって変わります。

ちなみに、うちの子の体重はおよそ10kg。
飲み薬は毎年6,500円ほどです(8回分)。

注射は飲み薬に比べるとちょっと割高になります。

おわりに

かつて(今でも?)、犬の死因上位だった犬フィラリア症。

私が小さい頃、実家で飼っていた犬は柴犬で当然のように外飼いでした。
今のように優れたお薬はまだ普及していません。

そのため蚊対策として毎日、散歩を済ませ晩ご飯を食べ終わると、暗くなる前に四方を網で囲われた箱に朝の散歩まで入れられていたのを覚えています。

蚊取り線香はもちろん、近所には夜間、蚊が嫌いな(?)黄色い光を照らしていたお宅もあったような。
効果の程は不明です。

ただしあの時代、どこの家庭も愛犬を守るために色々と試行錯誤をしていたのですね。