犬と一緒にお出かけしよう|北海道のおすすめ観光スポット

時計台 犬とお出かけ




犬とお出かけ、北海道編です。
北海道といえば、広い、寒い、メロン、じゃがいも。
時計、博士、ジンギスカン。

北海道

犬と同伴できる施設

それぞれに決められた条件や制約があります。
ここに挙げたのは、公式サイト上でペットに関しての記載がある施設です。
詳しくは公式サイトを確認してください。

●大通公園:札幌市

テレビ塔

“ペットはつないで散歩し、フンはお持ち帰りください。
公式サイトhttps://odori-park.jp/

●白い恋人パーク;札幌市

チョコレート

“ペットについては、中庭(ローズガーデン)および宮の沢白い恋人サッカー場エリア(建物内、ピッチ、ガリバータウン・ピッケを除く)のみご入場いただけます。
ペット入場について
・場内にはペットが苦手なお客様、ペットアレルギーのお客様がいらっしゃることをご配慮ください。
・リードを必ずご使用ください。
・木、フェンスなどへのつなぎとめはご遠慮ください。
・ペットの糞は各自で必ず処理し、お持ち帰りください。
・ペットがほかのお客様にけがや損害を与えた場合や事故を起こした場合、当社は一切の責任を負いかねます。
屋内駐車場へ駐車の場合、中庭までの経路のみ、ペットケースを使用いただけますとご通行いただけます。
公式サイトhttps://www.shiroikoibitopark.jp/

・各施設および店舗の営業時間はHPで確認
・年中無休

●モエレ沼公園;札幌市

噴水

“ペットの利用について
犬を散歩させる時は、2m以内の引き綱でつなぎ、フンは必ずお持ち帰りください。
立ち入り制限区域(芝地)へのペットの立ち入りはご遠慮願います。
公式サイトhttps://moerenumapark.jp/

・東入口ゲート
7:00~22:00
・通年開放

●五天山公園、宮丘公園;札幌市

草原

“ペットのフンはお持ち帰り下さい。
舗装部分の園路でのペットの尿は水で洗い流してください。
ペットに舗装されていない場所(芝生、ダスト、花壇等)へのフン尿はさせないで下さい。
ペットの散歩は必ず2メートル以内のリードをつけて行なってください。(ペットの放し飼いは禁止されています。)
公式サイトhttp://www.nankoen.co.jp/gmpmg/wp/

●函館山ロープウェイ;函館市

ロープウェイ

補助犬及びペットをお連れのお客様へ
公式サイトhttps://334.co.jp/

・営業時間
4月25日~10月15日10:00~22:00、10月16日~4月24日 10:00~21:00
・普通運賃(往復)
大人(中学生以上)1,500円、小人 700円

●金森赤レンガ倉庫;函館市

街

“ペットをお連れのお客様へ
食品を取扱っている売り場、レストラン、喫茶店へのペットをお連れになってのご入店はご遠慮頂いております (盲導犬・介助犬・聴導犬はご入館頂けます)。 なお、上記以外のフロアにペットをお連れの場合は、専用のキャリーバック・ゲージ類に入れ、他のお客様へご配慮頂きますようお願い致します。
公式サイトhttps://hakodate-kanemori.com/

・営業時間
9:30〜19:00(季節により変動あり)
・年中無休

●ノーザンホースパーク;苫小牧市

馬

ペットをお連れのお客さまへ
公式サイトhttps://www.northern-horsepark.jp/

・営業期間、営業時間はHPで確認
・入園料
大人(中学生以上)800円、小人(小学生)400円、小学生未満無料
(11/06~04/09入園無料)

●千歳アウトレットモール・レラ;千歳市

ショッピング

ペットをお連れのお客様へ(施設案内)
公式サイトhttp://www.outlet-rera.com/

・営業事案
10:00~19:00(一部飲食店は11:00〜)
・年中無休

●十勝千年の森;上川郡清水町

森

十勝千年の森はペット同伴でご入場いただくことができます。ただし、犬の嫌いなお客様やお子様がおりますので、マナーの厳守をお願いします。
入場できる条件
・自分の犬をきちんとコントロールできるかた
・エチケット袋や水飲み用の器を持参しているかた
場内の注意事項
・コントロールできない犬や危害を加えるおそれのある犬は入場をお断り致します。
・場内では必ずリードを付けてください。
・発情中の犬や5種類以上の予防注射を行っていない犬はご遠慮ください。
・フンは飼い主が責任を持って処理し、お持ち帰りください。
・水は持参したペットの水飲み器をご使用ください。水道から直接ペットに水を飲ませる行為はしないでください。
・進入禁止エリアへはペットの入場は出来ません。
( 進入禁止エリア:飲食施設内・チーズ工房・ヤギ牧場・ガーデンの植栽内等 )
・危険防止のため、スタッフがお客様のペットに関し指示をする場合がございます。その際はスタッフの指示に従ってください。
※ペットが起こした事故やトラブルは、全てペットを連れたお客様ご自身の責任となります。
公式サイトhttp://www.tmf.jp/index.php

・営業時間
4月27日~6月30日9:30~17:00、7月1日~8月31日9:00~17:00、
9月1日~10月20日9:30~16:00
・入場料
一般・大人(高校生以上)1,000円、小中学生500円、小児(小学生未満)無料

●展望花畑 四季彩の丘;上川郡美瑛町

菜の花

“ペット同伴でのご入場は、店内とアルパカ牧場を除き可能です。
公式サイトhttps://www.shikisainooka.jp/green/

・営業時間はHPで確認
・入場料無料
募金200円
有料施設あり

●雲海テラス(星野リゾート トマム);勇払郡占冠村

雲海

公式サイトhttps://www.snowtomamu.jp/summer/

○雲海ゴンドラ
“ペット持込時、基本はゲージに入れてゴンドラに乗車していただく(大型犬は除く)。
公式サイトhttps://www.snowtomamu.jp/unkai_terrace/

・営業期間および営業時間はHPで確認
・料金
大人1,900円、小学生1,200円、ペット500円、未就学児無料

犬と同伴できない施設

犬禁止

公式サイト上で、犬の入場不可を明言している、またはそう判断できる記述のあるところです。(盲導犬や介助犬は除く)

・旭山動物園
・円山動物園
・おびひろ動物園
・登別マリンパークニクス
・のぼりべつクマ牧場
・さっぽろテレビ塔
・JRタワー展望室T38
・さっぽろ羊ヶ丘展望台
・ファーム富田
・上野ファーム
・ルスツリゾート(遊園地)
・ニッカウヰスキー余市蒸溜所
・サッポロビール博物館
・アサヒビール 北海道工場
・野外博物館北海道開拓の村
・博物館網走監獄

有名な観光スポットでも、公式サイトにペット可否の記載がない施設は除外しています。
もしも見落としがあったらごめんなさい。

※県別のまとめ編はこちらです。お出かけの際は参考にどうぞ。