愛犬が死んだら…|手続きと火葬

犬 切ない 犬と暮らしてわかったこと




犬にも寿命があります。
悲しいけどいつかお別れするときがやってきます。
病気や事故ではなく、天寿をまっとうしてもらえたら悔いはありませんね。

愛犬が亡くなったらしなくちゃいけない事を簡単にまとめてみました。

自治体への手続き

犬が亡くなったら30日以内に届け出をしなくてはなりません。
死亡届の提出先は、犬を登録した市町村役場です。

届け出に必要なもの

・犬鑑札
・狂犬病予防注射済票
・死亡届

※今はパソコンやスマートフォンでも手続き可能な自治体が増えています。

ペット死

火葬

依頼には2種類の選択肢があります。

自治体に依頼

各自治体でお願いできます。
ただし、一般廃棄物として扱われることもあり立ち合いや返骨はできません。
ゴミと一緒ってのはやっぱり複雑ですね。
自治体によっては葬場で受け付けているところもあります。

費用は数千円~10,000円と幅があるので、各自で確認をしてください。

業者に依頼

人と同じようなお葬式ができます。
個別火葬か合同か、読経や納骨、供養まで、さまざまな内容を選ぶことが可能です。

費用は犬の大きさ体重、火葬方法によって異なりますが、相場は1万~5・6万円。

少なくとも、事前の見積もりで10万円を超えるようなら悪徳業者の可能性があります。
最期の大切なセレモニーにケチがつかないよう十分注意しましょう。

その他

なかには自宅の庭に遺体を埋める「土葬」を選択する飼い主さんがいるかもしれません。
いつまでも傍にいてほしい。
その気持ち、わからなくもありません。

ただし、これが許される場所は自分の敷地内に限ります。
当然ですが、山や川、公園などは法律で禁じられています。

鼻

火葬の種類

合同火葬

他のペットと一緒に火葬します。
遺骨は返骨されません。

個別火葬

個別に火葬します。
遺骨は納骨や返骨を選ぶことができます。

立会火葬

家族立ち合いのもと火葬します。

訪問火葬

移動火葬車が自宅もしくはその周辺に訪問し、搭載された火葬炉で火葬します。

おわりに

悲しいテーマですが、愛犬が亡くなった後の手続きや火葬は飼い主の義務です。
個人的には、お墓や供養までは考えていませんが、そこまでされる方たちの気持ちも理解できます。

正直な話、実際にうちの子が死んでしまったら、私は立ち直ることができるのでしょうか?
自分のことながら、今から結構心配です。

うちの子も高齢なので、ぼんやりとでも覚悟だけはしておこうと思います。