ケルベロスは地獄の番犬。パチンコ・パチスロでは客を地獄の淵へ突き落す?

ケルベロス 歴史な犬たち




ケルベロスはギリシア神話に登場する犬の怪物です。

なぜか、パチンコ・パチスロファンの間ではこの名前は有名。
理由はケルベロスが活躍する人気の機種があったから。
だけどケルベロスが登場すると、
「チッ、犬か…」
と舌打ちし、勝負を諦めるほどザコ扱いなのだとか。

パチンコ

ケルベロスはハーデスが支配する冥界の番犬。
3つの頭で竜の尾と蛇のたてがみを持っています。
冥界とは、死後の世界・あの世のことで、単に地獄を指すこともあります。
ここでケルベロスは亡者の監視と脱走の防止を担っていたのです。

神話によると、ケルベロスの3つの頭は交代で眠り、残りの頭が常に見張りをしていました。
けれども、オルフェウスの竪琴で全ての頭が眠らされたことがありました。
また、外見に似合わず甘いものが大好きで、お菓子を食べている間は目の前を通過できたようです。

ヘラクレスがケルベロスを捕まえて地上に連れ出すと、太陽の光に驚きそのとき垂らした涎からトリカブトが発生したと伝えられています。

ハーデスちなみに、ケルベロスの飼い主ハーデスは冥界の王。
クロノスの子供で兄弟にはゼウスとポセイドンがいます。
ゼウスは天界の王、ポセイドンは海の王です。
そして妻はペルセポネ、武器は二又の槍バイデントです。