犬の首輪選び -おすすめの種類は? ハーネスって?-

犬 首輪 犬と暮らしてわかったこと




子犬がうちにやって来ます。
その前にいろいろと用意しなくちゃいけません。

なかでも、首輪は絶対に欠かせないアイテムのひとつです。

何色にしようか?
女の子だからやっぱりピンクかな。

可愛いくてお洒落なのがいい。
もちろん安全で丈夫なもの。
できればワンポイントのアクセントもつけたいし。

子犬を迎えるにあたり、こんなことを考えながらペットショップをうろつくのもまた楽しいものです。

スタンダードな首輪2種類

バックル

留める部分がプラスチックで、留めるとカチッと音がします。
ワンタッチなので付け外しがとても簡単。
布やナイロンとの組み合わせがほとんどで長さ調整が可能なため、成長期には都合がいいです。

ベルト

人間のズボンのベルトと同じタイプです。
革が主流なので、装着すると精悍なイメージになります。
金属製の穴にストッパーを挿して長さを調整しますが、それほど融通は利きません。

その他の首輪(主にトレーニング用)

チョークタイプ

・チェーンチョーク(フルチョーク)
鎖の首輪。
犬が引っ張ると首がしまる構造になっています。

・ハーフチョーク
半分が鎖で半分が革や布製の首輪。

・マーティンゲール
チェーンチョークの布もしくはナイロン版。
鎖製に比べると軽量で完全には首がしまらないようになっているので、日常的にも使用できます。
お洒落なものがたくさんあります。

スパイクチェーン

内側に突起のあるタイプ。

ジェントルリーダー

口にも巻き付けるタイプの首輪。
引っ張り癖や噛み癖のある犬のトレーニングに使用します。

首輪とハーネスの違い

ハーネスは首輪と違い胴体に装着します。

メリットは引っ張る力が分散されるので首輪のように首に力が集中しないことです。
結果、犬の身体への負担が軽減されます。
また、身体から抜けにくいのも良いところです。

デメリットは飼い主の指示が伝わりにくい点が挙げられています。
トレーニング向きではないということですね。

今はハーネスのほうがより多く見かけるようになったと感じます。
足を通してワンタッチで装着できるタイプが便利です。

首輪選びの注意点

その子に合ったサイズを選ぶ

小さいと苦しいし、大きいと散歩中にすっぽ抜けて逃亡の危険があります。
犬の首周りプラス指二本程度の余裕がちょうどいいと言われています。

丈夫な素材で耐久性にすぐれたものを選ぶ

散歩中はもちろん家の外で繋いでいるときにちぎれてしまったら、待っているのは悲劇だけです。
なかには粗悪品が混じっていることもあるので十分注意しましょう。

その他

水に強く汚れにくい。
重すぎない。
毛が絡まりにくい。
など

首輪

初めての首輪。
子犬は当然嫌がります。
だけど慣れます、きっと。
うちの子と同じように。

おわりに

うちの子は室内犬なので普段から首輪はつけていません。
なので、散歩やお出かけの際は今はハーネスを使用しています。

対照的に、屋外飼いの子は首輪のほうがつけっぱなしにできるし、その分手間が省けていいのかもしれませんね。
常時迷子札をぶら下げておけるのも利点です。

なお、革製であれ布製であれ長年使用していると当然劣化するので、適当な時期に交換してあげましょう。(屋外飼いの場合は特に)
プラスチック製のバックルやリードも同様に消耗品です。

安全性の見落としは即、命にかかわります。
日々のチェックは忘れずに。

次の記事⇨ 犬のリード選び -その種類と必要性ー