動物愛護団体代表の滝川クリステル、小泉進次郎環境大臣の妻だから改正動物愛護法の骨抜きにだんまり。

だんまり 気になるわんこ




ここ最近、「お・も・て・な・し」が推しだった滝川クリステルさん。
此のほど、42歳と高齢でしたが無事元気なお子さんを出産されました。
お子さんと愛犬の素敵な2ショットをインスタグラムに投稿し話題を集めていましたね。

滝川さんの愛犬は保護犬アリス。
東日本大震災で現場に取り残されていたラブラドールレトリバーです。

ラブラドールレトリバー
滝川さんはアリスを引き取ったことをきっかけに動物愛護団体「財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立し、犬猫の殺処分ゼロや保護等を支援しています。

ところが滝川さん、この度施行される「改正動物愛護法(改正動愛法)」が骨抜きになりそうなのに、環境省案にひと言の発言もないのです。

環境大臣の妻ではありますが動物愛護団体の代表理事でもありますよね。
まさかこの団体、パフォーマンスや寄付が目的じゃありませんよね。
立場的に、沈黙はズルいと思います。

政治家

滝川さんのご主人はご存じ期待の星、衆議院議員の小泉進次郎さん。
次期総理大臣候補に名前が挙がるほど。

だけど進次郎さん、環境大臣に就任してからなんだか雲行きが怪しくなってきました。
いざ蓋を開けてみたら、アレって感じ。

ポエム?
大喜利?
迷言?
セクシー?

前々から、それっぽい発言をしているようで実は中身が全くない、よく聞くと意味不明、などと揶揄されていました。

大臣になってからも抽象的な発言ばかりで、具体的は発言や頼りがいのある言葉は一向に聞かれません。

もしかして無能?
そんな思いが頭をかすめます、もちろん違うと思いますが…

育休

奥さんの出産に合わせ、約2週間の育児休暇を取った進次郎議員。
どこかの調査では取得に賛成が75%を占めたとか。

いや、大臣が育休って大丈夫?
ただの議員じゃなくて大臣ですよ。
国会審議や閣議には出席するってのも中途半端だし、そもそも大臣って仕事や責任が山積みなんじゃないの?

これも世間受けを狙ったパフォーマンスなのかなぁ。
夫婦そろって薄っぺらい人間でないことを信じています。