犬のお風呂はひと仕事|わが家のシャンプー事情あれこれ

犬 お風呂 犬と暮らしてわかったこと




お宅の愛犬はお風呂が好きですか? それとも嫌いですか?
うちの子はどういうわけかお風呂が大好きです。
もちろんお風呂と言ってもシャワーのみで、湯船につかることはありません。

私が準備を始めると自分から風呂場に入ってきて、早くしろ、と催促までします。

巷では、犬がお風呂嫌いで毎回格闘しているご家庭もあるようですね。

家でお風呂

うちはお風呂の洗い場でシャンプーをしています。
夏は暑く冬は寒い。
当然こっちもずぶ濡れになります。
だから、それなりに気合いを入れないと辛いときがありますね。

プロにおまかせ

以前は近所のペットサロンにおよそ4回に1回(月1回)のペースで通っていました。
爪切りや肛門腺しぼりもセットでお願いできますからね。

トリミング料金(カットなし)はまちまちですが、大抵のサロンは犬の大きさで区分されていたり、犬種別で決まっていたりします。
小・中型犬が3000~5000円程度。
大型犬で7000円前後が主流でしょうか。

あいにく、皮膚炎のため動物病院で推奨されたシャンプーにしてからはペットサロンに行くことはなくなりました。

犬 お風呂

犬のお風呂で注意する点

シャンプーの頻度

「シャンプーは週1回です」
動物病院でそう答えたとき、獣医の先生は少し複雑な表情をしました。

洗いすぎはよくありません。
理由は毛の脂分まで落としてしまい逆に汚れや病気の原因を作ってしまうからです。

だけどうちの子は一週間も経つとかゆくて床で悶え始めるのです。
フケは出るし臭いも放ち出し…、かわいそうで見てられません。
お薬をきちっと飲んでいてもこんな感じです。

状況を説明すると、「仕方がないですね」と先生は言いました。
私も正直面倒くさいので頻度は少ないほうが有難いのですが…。

一般的に、シャンプーは月1~2回が目安と言われています。
お湯につかるだけやすすぎだけならば毎日でもいいようです。

シャンプーの種類

人間のシャンプーは刺激が強いので使用してはいけません。
ちゃんと犬用のシャンプーを使いましょう。

うちもいろいろ試しましたが、結局病院でおすすめされた「マラセブ(キリカン洋行)」というシャンプーに落ち着きました。

 

余談ですが、私は肌が弱いのか手が荒れる(かゆくなる)ためビニール手袋を使用しています。
イチ押しは肘までカバーがあるタイプです。

お湯の温度

お湯の温度は少しぬるめの37度前後。
夏場と冬場とで上手に調節してあげましょう。

便利グッズ

専用ブラシや洗い桶などが販売されていますが、私が重宝しているのは吸水に優れたペット用タオルです。

旦那とのお風呂は断固拒否

フレンチブルドッグは顔に深いしわがあります。
この溝が汚れやすく臭くなるので、よく洗ってあげる必要があります。
シャンプーの後、私は丁寧にお湯をすくって指やスポンジでしわをすすぎます。

ですが、旦那は直接顔にシャワーをかけていたらしいのです。
「こっちのほうがきれいに泡を落とせるだろ」
そう言いますが、犬にしてみれば当然不快ですよね。
怖いかもしれません。

だから旦那とのお風呂はめちゃめちゃ嫌がります。
てか、もうさせていません。
洗い方って大事ですよね。

おわりに

シャンプーが終わると風呂場の排水溝にはこんもりと抜けた毛が盛り上がっています。
うちの子が皮膚炎を患ってる証ですね。
当人はサッパリした様子ですが、これを見た私のほうが何だかかゆくなってきます。

うちの子、シャンプーは好きですが、その後のタオルとドライヤーはなぜか大嫌いです。
私には抵抗する意味がわからないのですが、嫌なもんは嫌なんでしょう。
だけどあんなに暴れないでほしいわ、ホント。
お風呂が終わったら褒めてあげるのがいいらしいけれど、褒められません。

洗っているときも乾かしてるときも、犬はブルブルっと身体をゆすって水分を飛ばしますよね。
あれをやられるたびに水滴が顔にかかるので、毎回「うおー」って叫んでいます。