フレンチブルドッグの値段って高くない?

フレンチブルドッグ フレブルのすすめ




ショッピングモールに出かけると、私は必ずペットショップに立ち寄ります。
うちにはすでに愛犬がいるので、目的は赤ちゃん犬を見て癒されることです。

先日もとあるペットショップで、おやつなんぞを物色しつつ犬の赤ちゃんを見て回りました。
ガラスの向こうで20匹ほどの赤ちゃんがモゾモゾしています。
いろんな犬種がいるけれど、私はやっぱりフレンチブルドッグに目がいってしまいます。

その日はフレンチブルドッグが一匹いました。
その子の前に立ったとき、私はガチで驚きました。

55万円(税別)。

二度見しましたもん。
だって(中古の)車が買えるじゃないですか。

ここのショップは割高ではあるけれど、それでも55万円の子は他に見当たりません。
もちろん高いなりの理由があるのでしょう。
だけど、だけどです。
こんなの簡単に手が出せるお値段じゃないですよね。

いつものように店員のお姉さんが「抱っこしますか?」って近寄って来たけれど、買えませんよ、マジで。
抱っこはしたいけど。

お姉さん、私が旦那に買ってもらった結婚指輪、いくらか教えましょうか?

フレンチブルドッグの相場

うちの子が家族になったのは2009年。
あまりお金のことをとやかく言いたくありませんが、
お値段は26万円でした。
その時でも他の犬種と比べると高いほうだったと思います。

分厚い札束(私には)を握りしめ、緊張しながらペットショップに行ったのを今でも覚えています。
あれから10年以上経ちました。

私が調査する限り、フレンチブルドッグの今の相場はおよそ20万~60万円。
幅がすごいけど、血統や毛色などが価格に影響しているらしい。
また、ペットショップとブリーダー直販との間にも結構な差がある模様。
なかには80万円の値が付いた子もいましたが、だいたい30万円前後の子が多いようです。

犬の値段あれこれ

ペット検索

今は子犬がネットで検索できるんですね、中古車やアパートのように。
決して否定してる訳じゃありませんよ。
犬を家族として迎えたいとき、必ず出会いの場が必要ですもの。
人間のカップル探しだって同じことをやってる人がたくさんいますよね。

ペット検索は、地域や値段、生年月日など情報もしっかりしてますし、なにより便利です。

もちろん賛否両論あるでしょう。
モノ扱いするなって。
だけどネット販売で買おうがペットショップで買おうが非難する人はいます。
じゃあブリーダーの直販がいいのかと言えば、悪質な業者が摘発されるニュースを耳にしたり。
そもそもそのブリーダー、信用できますか?

犬好きと犬で商売してる人って必ずしもイコールではありませんよ。

保護犬、譲渡会、里親

捨て犬

いろんな事情で飼えなくなった犬猫の新しい飼い主になること。
もちろん大賛成です。
殺処分とか、想像しただけで気が滅入るし人間の身勝手さを呪います。

ペットを虐待したり捨てる飼い主など言語道断です。
かと言って、かわいそうだから捨てられた子を引き取るべき、とか、お金を出して犬を買うのは悪、という主張もなんか違う気がします。

特定の犬種に惚れた、ぜひ飼いたい、という場合だってあるでしょう。
あまり触れたくありませんが、NPO法人を隠れ蓑に実質お金儲けしてる輩も存在しますよね。

特別な事情がある場合を除きお金は払うべき、私はそう考えています。
飼う側の責任感にもつながりますし、タダだと雑に扱われそうで怖いのです。

そもそも、交配してから生まれるまで、赤ちゃんの数カ月間、タダでは育てられません。
単純に食費がかかりますし、予防接種や検診だって受けなければなりません。
そこにはやっぱりお金が必要なのです。
たとえそれが商売目的であったとしても、です。

おわりに

フレンチブルドッグの一般的な値段は30万円。
高いか安いかの判断はあなた次第です。

だけどちょっと待って。
それって本当に適正価格ですか?

空前のペットブーム。
いやいや、ブームと言うにはもう長すぎますね。
ペットと暮らす新しいスタイルが日本には定着しつつあります。

毎日のように放映されるペット関連のテレビ番組。
ペットの飼い方、可愛さ、飼い主にとっての心構えなど、役に立つ情報があふれ私もよく見ています。

ただこれ、負の側面もあると思うのです。
無責任な飼い主を誕生させたこと。
そして、ペット人気を煽って値段を高騰させたこと、が挙げられます。