愛内里菜の妹逮捕。ペット用品販売会社「ボンボンコピーヌ」が偽ブランド品を販売。

偽ブランド 気になるわんこ




愛内里菜さん(現・R、垣内りか)と言えば、名探偵コナンのテーマ曲「恋はスリル、ショック、サスペンス」。
コナンのようにパラパラは踊れませんが、サビの部分は自然と口ずさめるほど。
2003年にはNHK紅白歌合戦にも出場されています。

 

そんな愛内さんの妹(垣内求実子容疑者)が逮捕されました。
妹が社長の会社「ボンボンコピーヌ」が商標法違反した容疑です。
愛内さん自身もプロデューサーとして会社に名を連ねていました。

報道では、偽シャネルのペット用品を製造販売したとか。

ちなみに、私のまわりではブランドのリードを使っているワンちゃんを見かけたことはありません。
世の中にはブランド好きな方が一定数いるので、ペット用品をブランド物で揃えても別に不思議ではないです。

ただし、偽物はダメですよね。
カバンや財布と同様、知らずに買ってたら気の毒ですし、知ってて買ってたらただの見栄っ張りですもの。

トイプードル

愛内さんには2匹の愛犬がいます(いました?)。
プードルで名前はパイン(pine)とリボン(ribbon)。
会社名「ボンボンコピーヌ(Bon Bon Copine)」はコピー商品の販売を意味してるわけじゃなく、愛内さんの愛犬の名前pineと(rib)bonから名付けたようです。

「深く反省しています」
そうコメントした愛内さん。
会社の経営を妹ひとりに任せていたのがいけなかったと、自身の関与は暗に否定しています。
果たして今回の一件、愛内さんは被害者なのでしょうか?