新一万円札の顔、渋沢栄一は犬好きで有名|2021年NHK大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公

新一万円札 歴史な犬たち




新紙幣で一万円札の顔になる渋沢栄一さんって、どんな方かご存知ですか?

渋沢さんは明治から大正にかけ近代経済社会の基礎を築いた実業家で、銀行の設立、株式制度の導入など、「近代日本資本主義の父」と呼ばれる人物です。
1840-1931年(享年91歳)

渋沢栄一

渋沢さんは約500の企業を育てました。
代表的なものは、

第一国立銀行(みずほ銀行)
東京株式取引所(東京証券取引所)
王子製紙
帝国ホテル
日本鉄道(JR東日本)
東京海上保険会社(東京海上日動)
東京瓦斯会社(東京ガス)
大阪紡績(東洋紡)
共同運輸会社(日本郵船)
麒麟麦酒(キリンビール)
など

さらには、約600の社会事業にも関わっています。

犬好き

渋沢さんは犬好きだったことでも有名です。
なかでも強い犬が好きで、近所の犬たちとよく喧嘩をさせていたとか。

NHKの2021年大河ドラマ「晴天を衝け」は渋沢さんが主人公(主演・吉沢亮)ですが、犬とのエピソードもぜひ描いてほしいと思います。

2024年をめどに発行される新しい紙幣。
見本の前評判はあまりよろしくないですが、実物はどんな感じになるのでしょうね。
ちょっと楽しみです。