ビートたけし再婚、後妻業に引っかかっても犬だけは大切に

あんぐり 気になるわんこ




ビートたけしさんが18歳年下のオネーチャンと再婚しました。
73歳。

どーでもいい話題です。

おじいちゃんとおばさんが正式にくっついただけ。
だけど、気になる人は多いみたいで、やしきたかじんや紀州のドンファンの二の舞か、などと盛り上がっています。
「後妻業」と。

2018年、たけしさんはオフィス北野を辞め、腹心で盟友だった森社長を首にしました。
刀で切りつけようとしたなんて噂まであります。

長年別居状態だった前夫人と離婚し家族とも縁を切り、さらには、犯罪にも巻き込んだたけし軍団をも切り捨てました。

これら全てを裏で操っていたのが再婚相手のA子さんというのです。

後妻業には一連のプロセスがあって、まず身内や仲間と仲たがいさせ、孤立してから入籍するのがひとつの手口なのだとか。

ホントに後妻業なんてあるのかな?
そう思ってましたけど、たけしさん、そのまんまですね。

柴犬

たけしさんには愛犬のゴンちゃんがいます。
オスの柴犬。
新事務所「T.Nゴン」も愛犬の名前からとっています。

そもそも、タイミング的にもゴンちゃんを飼ったのは、当時愛人だったA子さんなのかもしれません。

もしもみんなが離れていっても、ゴンちゃんだけは見捨てず可愛がってほしいものです。

 

一部、たけしも不倫じゃないか、なんて声も聞こえてきますがまったく興味が湧きません。
ただし、後妻業のほうはちょっと気にかかります。
73歳で再婚となると、財産狙いと勘繰られても仕方がありませんよね。
もちろん、たけしさんが覚悟の上なら一向に構いませんが。

お笑いビッグ3、俳優、映画監督。
昭和の大物芸人も晩節を汚してしまうのでしょうか?