生類憐みの令を出した徳川綱吉は無能?それとも名君?|うさぎを1羽2羽と数える意味

令 歴史な犬たち




「生類憐みの令」は江戸時代、第5代将軍徳川綱吉によって制定されました。
教科書では天下の悪法と叩かれていましたが、近年は再評価の動きがあります。
どのあたりが見直されてきたのでしょうか?

当時、日本人の倫理観は戦国時代の名残もあってかなり低いものでした。
動物虐待は言うに及ばず、捨て子や間引きも頻繁に行われていました。
現代では考えられないくらい人や動物の命が軽かったのです。

綱吉は命の重さを説くためにこの政策を打ち出しました。
綱吉自身、家康も好きだった鷹狩を禁止しています。

鷹狩

ではどうして生類憐みの令は評判が悪かったのでしょう?

鷹狩禁止はハンティング好きな武士から反発を買いました。
イギリスのキツネ狩りと同様、支配階級の特権を奪ったのですから当然です。

武士だけでなく庶民も不満がありました。
野犬を含め犬を保護→犬が増える→増えたので犬を収容する「犬屋敷」が必要→エサ代や維持費がかかる→それらの費用を税金で賄う→庶民が怒る。
こんな流れです。

綱吉

綱吉は「犬公方」と呼ばれるほど、行き過ぎた犬の保護に注目が集まりがちですが、これはテレビドラマや小説などで作られた悪役設定の影響もあるようです。

通説の、「戌(いぬ)年生まれだったから」とか「子を授かるために坊主の助言に従った」、「蚊を殺したから死刑」なんてのは作り話じゃないかと言われています。

生類憐みの令の保護対象は捨て子や病人、動物全般に及びます。
つまり儒教的な考えから、弱者や動物は大切にしろよってことですね。

実際に過剰な取り締まりや厳しい処罰はありました。
人の命よりお犬様の方が大事というのはもちろんイカレた話です。

しかし時折、犬虐待のニュースを耳にすると、いわゆる無駄な「殺生」をする輩は極刑に処しても構わないんじゃないかと思ってしまいます。

うさぎ

余談ですが、なぜうさぎは1匹2匹じゃなく1羽2羽と数えるかご存じですか?

諸説ありますが、生類憐みの令の下、うさぎを食べたいので「うさぎは鳥」と言い張ったためだと言われています。
生類憐みの令は鳥の殺生は禁止してなかったから…
あれ? 鳥も禁止してたよね? 鷹狩とか…?